天罰(読み)テンバツ

大辞林 第三版の解説

てんばつ【天罰】

天の下す罰。自然に受ける悪事のむくい。 「 -が下る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ばち【天罰】

御伽草子鴉鷺合戦物語(室町中)「破れかぶれ、手勢にておしよせて天ばち火にも水にもなれ」
俳諧・世話尽(1656)曳言之話「天罰(バチ)はあたり次第」

てん‐ばつ【天罰】

〘名〙 天の下す罰。悪事の報いとして自然に来る禍。てんばち。
※将門記(940頃か)「時に現に天罰ありて、馬は風のごとく飛ぶ歩みを忘れ」 〔書経‐胤征〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天罰の言及

【罰】より

…罰には,社会的規範にそむいた者に対して法的制裁を加える刑罰と,倫理的・宗教的規範を犯した者に加えられる超越的な制裁(天罰,神罰,仏罰)の2種がある。前者の刑罰については古くから,犯罪に対する応報的な刑罰と,犯罪の発生を予防するための抑止的な刑罰の2種の考え方があったが,罰として科せられる不快・苦痛の度合にもその考えにもとづいて軽重の差が設けられた。…

※「天罰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天罰の関連情報