天の高市(読み)あまのたけち

大辞林 第三版の解説

あまのたけち【天の高市】

天上界の、多くの神々の集まる所。 「八十万やそよろずの神を-にかんつどへつどへて問はしむ/日本書紀 神代上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまの【天の】 高市(たけち)

高天原で、諸神が集会する場所となっていた小高い所。天安河(あまのやすのかわ)の近くであったと考えられている。
※書紀(720)神代上(寛文版訓)「故(かれ)八十万(やそよろづ)の神(かみたち)を天高市(アマノタケチ)に会(かんつどへつど)へて問はしむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android