諸神(読み)しょしん

精選版 日本国語大辞典「諸神」の解説

しょ‐しん【諸神】

〘名〙 (「しょじん」とも) 多くのいろいろな々。
聖徳太子伝暦(917頃か)上「太子奏曰、諸仏世尊、其道微妙、諸神随之、不敢違一レ仏」
読本・椿説弓張月(1807‐11)続「真鶴(まなづる)を犠(にへ)として、君真物(きんまんもん)の諸神(ショジン)を鎮め祭る」 〔漢書‐司馬遷伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android