天子様(読み)てんしさま

精選版 日本国語大辞典「天子様」の解説

てんし‐さま【天子様】

〘名〙 (「さま」は接尾語) 天皇を敬っていう語。
開化入口(1873‐74)〈横河秋涛〉四「近衛隊と云って立派な装束を着て天子様の御側に付廻り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天子様の言及

【天皇】より

…ミカドやダイリという呼称は天皇を直接に称号をつけて呼ぶことができないがため,天皇というものに対する略称であった。また天皇への敬愛をあらわす言葉としては〈キンリサマ(禁裡様)〉〈テンシサマ(天子様)〉との表現が使われた。一方,幕末の政争に参加した志士は天皇のことをひそかに〈玉(ギョク,タマ)〉と記していた。…

※「天子様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android