天子様(読み)てんしさま

精選版 日本国語大辞典「天子様」の解説

てんし‐さま【天子様】

〘名〙 (「さま」は接尾語) 天皇を敬っていう語。
開化の入口(1873‐74)〈横河秋涛〉四「近衛隊と云って立派な装束を着て天子様の御側に付廻り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天子様の言及

【天皇】より

…ミカドやダイリという呼称は天皇を直接に称号をつけて呼ぶことができないがため,天皇というものに対する略称であった。また天皇への敬愛をあらわす言葉としては〈キンリサマ(禁裡様)〉〈テンシサマ(天子様)〉との表現が使われた。一方,幕末の政争に参加した志士は天皇のことをひそかに〈玉(ギョク,タマ)〉と記していた。…

※「天子様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android