コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開化 カイカ

デジタル大辞泉の解説

かい‐か〔‐クワ〕【開化】

[名](スル)
人間の知識が開け、文化が進歩すること。「文明が開化する」
西洋風俗や新知識を身につけていることを気どること。ハイカラであること。
「勝野君なぞは―した高尚な人間で」〈藤村破戒
[補説]明治維新後の急激な西洋文化の流入に伴って、主に「文明開化」の形で一つの流行語となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいか【開化】

( 名 ・形動 ) スル
新しい知識・文化を知って、世の中が開け、かわること。 「文明-」 「日本社会は真成ほんとうに-して居りますのでせうか/薄命のすず子 お室
新知識などを身につけていること。特に明治初期、西洋風であること。 「勝野君なぞは-した高尚な人間で/破戒 藤村」 〔西周にしあまね「百学連環聞書・総論」(1870~71年)に英語 civilization の訳語として載る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開化の関連キーワード稚日本根子彦大日日尊精を励ます尹 致昊開化派独立党金弘集羨慕風調浅陋蘇す余烈醜声唇頭想察歩歩未全牴牾督責破潰凋弊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開化の関連情報