開化(読み)かいか

精選版 日本国語大辞典「開化」の解説

かい‐か ‥クヮ【開化】

〘名〙
① 知識や文化が開け進むこと。「文明開化」と熟して用いられることが多く、明治時代の急激な西洋化現象に伴う流行語でもあった。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「世の開化を進め法を設け」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「追々我国も文明開化(カイクヮ)と号(いっ)てひらけてきやしたから」 〔李邕‐淄州刺史謝上表〕
② (形動) 西洋風を気どったり新しがったりすること。ハイカラであること。新知識を身につけていること。また、そのさま。
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一二「開化(カイクヮ)な文句でちょいと芸者が今晩はあり難ふとおし出しても唄へる位へでなくっちゃア」
[語誌]もと仏教語でカイケ(ケは呉音)と読み「教え導く」の意味であった。それが明治初期にカイカという読みで「世の中が開ける」の意味で使われた。また、“civilization” の訳語として、この時期から用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開化」の解説

かい‐か〔‐クワ〕【開化】

[名](スル)
人間の知識が開け、文化が進歩すること。「文明が開化する」
西洋風俗や新知識を身につけていることを気どること。ハイカラであること。
「勝野君なぞは―した高尚な人間で」〈藤村破戒
[補説]明治維新後の急激な西洋文化の流入に伴って、主に「文明開化」の形で一つの流行語となった。
[類語]文明文化文物文華人文人知文運シビリゼーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「開化」の解説

【開化】かいか(くわ)

教化を開く。〔宋書、顧之伝〕夫(そ)れ極をを開き、聲をて則を貽(のこ)す。典防の興る、由來(ひさ)し。

字通「開」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android