御側(読み)おそば

精選版 日本国語大辞典「御側」の解説

お‐そば【御側】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 主君の身近な所をいう。
※虎寛本狂言・武悪(室町末‐近世初)「わごりょが御側(おそば)に居てお取成(とりなし)を云うて呉るるに依って」
② 主君の身近に仕える役。また、その人。江戸幕府では「近習出頭(きんじゅしゅっとう)」「側用人(そばようにん)」「側衆(そばしゅう)」「側役(そばやく)」「扈従(こしょう)」「昵近(じっきん)」などがあった。
※徳川実紀‐明暦元年(1655)九月一七日「故御側中根壱岐守正盛に付属の輩十八人を」
③ 主君のそば近く仕える侍女。また、妾。
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)前「奥づとめの御側(オソバ)玉章(たまづさ)といへる容貌(みめ)よき女と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御側」の解説

お‐そば【側】

貴人・主君を敬って、その近辺をいう語。
主君の身近に仕える人。近習きんじゅ腰元など。
奥勤めの―玉章たまづさ」〈人・娘節用・前〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android