コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天帝淵瀑布 てんていえんばくふ

1件 の用語解説(天帝淵瀑布の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

てんていえんばくふ【天帝淵瀑布】

韓国のチェジュド(済州島)のソグィポ(西帰浦)市、リゾート地のチュンムン(中文)観光団地にある3段の滝。チョンジヨンポクポ(天地淵瀑布)、チョンバンポクポ(正房瀑布)とともに済州島3大滝の一つである。渓谷にかかる仙臨橋や天帝楼(楼閣)から清冽な滝の景観が眺めることができる。この滝から海岸へと続く2kmの渓谷の道沿いには、松葉蘭など約100種類の暖帯性の植物が自生しており、天然記念物に指定されている。◇「チョンジェヨンポクポ」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天帝淵瀑布の関連キーワード済州島済州道ブチェジ山済州特別自治道済州マラソンフェスティバル済州済州島4・3事件韓国・済州島の海女韓国源済州火山島と溶岩洞窟群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone