コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松葉蘭 マツバラン

2件 の用語解説(松葉蘭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつば‐らん【松葉×蘭】

マツバラン科の常緑多年生のシダ。暖地の樹上・岩上などに着生。高さ10~30センチ。茎は三角柱で、上部で枝分かれを繰り返し、ほうき状になる。葉は鱗片(りんぺん)状。枝の上に球形の胞子嚢(ほうしのう)が点在し、熟すと黄色の胞子を出す。ははきらん。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まつばらん【松葉蘭】

マツバラン科の小形の常緑性シダ植物。暖地の岩上に自生。高さ約20センチメートル。茎は緑色で細く、二また分岐を繰り返す。小鱗片状の葉がまばらに互生。江戸時代に観葉植物として流行し、多数の園芸品種が作られている。ホウキラン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松葉蘭の関連情報