コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松葉蘭 マツバラン

デジタル大辞泉の解説

まつば‐らん【松葉×蘭】

マツバラン科の常緑多年生のシダ。暖地の樹上・岩上などに着生。高さ10~30センチ。茎は三角柱で、上部で枝分かれを繰り返し、ほうき状になる。葉は鱗片(りんぺん)状。枝の上に球形の胞子嚢(ほうしのう)が点在し、熟すと黄色の胞子を出す。ははきらん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつばらん【松葉蘭】

マツバラン科の小形の常緑性シダ植物。暖地の岩上に自生。高さ約20センチメートル。茎は緑色で細く、二また分岐を繰り返す。小鱗片状の葉がまばらに互生。江戸時代に観葉植物として流行し、多数の園芸品種が作られている。ホウキラン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松葉蘭 (マツバラン)

学名:Psilotum nudum
植物。マツバラン科の常緑多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

松葉蘭の関連キーワード天帝淵瀑布

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android