コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天地淵瀑布 てんちえんばくふ

1件 の用語解説(天地淵瀑布の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

てんちえんばくふ【天地淵瀑布】

韓国のチェジュド(済州島)のソグィポ(西帰浦)市郊外にある滝で、チョンジェヨンポクポ(天帝淵瀑布)、チョンバンポクポ(正房瀑布)とともに済州島3大滝の一つ。天地淵渓谷の入り口から遊歩道を約1kmほど奥に歩くと見えてくる。落差は約22m、幅12m。滝の周辺には亜熱帯性の植物が密生しており、美しい景観を見せている。夜はライトアップされ、夜の散策・観光も人気である。深さ20mの滝壺には、天然記念物の大ウナギが生息している。◇「チョンジヨンポクポ」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天地淵瀑布の関連キーワード済州島済州道ブチェジ山済州特別自治道済州マラソンフェスティバル済州済州島4・3事件韓国・済州島の海女韓国源済州火山島と溶岩洞窟群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone