コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津彦根命 あまつひこねのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天津彦根命 あまつひこねのみこと

記・紀にみえる神。
天照大神(あまてらすおおみかみ)と弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の誓約(うけい)の際,素戔嗚尊が大神の髪にまとっていた玉をかんで,ふきだした息のなかに生まれたという。凡川内(おおしかわち)氏,山代氏らの祖先神。「古事記」では天津日子根命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天津彦根命の関連キーワード天津多祁許呂命日本神話の神々大河内味張馬見岡神社日間賀神社厳島神社枚聞神社多度神社天照大神多度大社桑名神社多度山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android