天津彦根命(読み)あまつひこねのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「天津彦根命」の解説

天津彦根命 あまつひこねのみこと

記・紀にみえる神。
天照大神(あまてらすおおみかみ)と弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の誓約(うけい)の際,素戔嗚尊が大神の髪にまとっていた玉をかんで,ふきだした息のなかに生まれたという。凡川内(おおしかわち)氏,山代氏らの祖先神。「古事記」では天津日子根命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「天津彦根命」の解説

あまつひこね‐の‐みこと【天津彦根命】

記紀に見える神。天安河(あまのやすのかわ)で、素戔嗚尊と天照大神が誓約(うけい)を行なった際生まれた、五男神中の一神。凡河内直などの祖神。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android