大神(読み)オオカミ

デジタル大辞泉の解説

おお‐かみ〔おほ‐〕【大神】

神を敬っていう語。おおみかみ。
「水の上は地行くごとく舟の上は床に居るごと―の斎(いは)へる国そ」〈・四二六四〉

だい‐じん【大神】

神を敬っていう語。尊い神様。大御神(おおみかみ)。おおかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおかみ【大神】

〔「おおがみ」とも〕
神の敬称。 「そらみつ大和の国は…-のいはへる国ぞ/万葉集 4264

おおみわ【大神】

「大神神社おおみわじんじや」のこと。 「 -の男餓鬼おがきたばりてその子産まはむ/万葉集 3840

だいじん【大神】

尊い神。おおみかみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐かみ おほ‥【大神】

(「おおがみ」とも)
[1] 〘名〙 神をうやまっていう語。大御神(おおみかみ)
万葉(8C後)一九・四二六四「そらみつやまとの国は〈略〉大神のいはへる国ぞ」
[2] 天照大神(あまてらすおおみかみ)の称。
※続日本紀‐神護景雲元年(767)八月一六日・宣命「故(かれ)尚此(こ)は大神(おほかみ)の慈び示(あらは)し給へる物なり」

おお‐がみ おほ‥【大神】

おおみわ おほみわ【大神】

※万葉(8C後)一六・三八四〇「寺々の女餓鬼(めがき)申さく大神(おほみわ)の男餓鬼(をがき)を賜(たば)りてその子生まはむ」

だい‐じん【大神】

〘名〙 神を敬っていう語。とうとい神。大御神(おおみかみ)。おおかみ。
正法眼蔵(1231‐53)古鏡「母氏かつて夢みるにいはく、ひとりの大神、おほきなるかがみを持してむかへりと」 〔周礼‐春官・肆師〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大神の関連情報