コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天父と地母 てんぷとちぼ sky father and earth mother

1件 の用語解説(天父と地母の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天父と地母
てんぷとちぼ
sky father and earth mother

天を万物の父,大地を,雨の形で注がれるその精液を胎に受け,あらゆるものを生み出す母とみなす観念は世界の各地に共通して見出される。ギリシア神話の天空ウラノスと大地ガイアインド神話の天ディアウスと大地プリティビーなどはその典型的な例だが,ギリシア神話ではゼウスにも天父神の性格が明瞭にみられ,デメーテルやヘラなどいくつかの有力な女神に地母神の特徴が認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天父と地母の関連キーワード六大元亨利貞大地に槌万物の霊長方輿輿地騒がれる怒髪天を衝く剥がれる油を注がれた者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone