天空海闊(読み)てんくうかいかつ

四字熟語を知る辞典「天空海闊」の解説

天空海闊

大空とがはてしなく広いこと。また、そのように度量が大きく何のわだかまりもないこと。

[活用] ―な・―に・―の。

[使用例] 天海闊の世界を、からと縮めて[夏目漱石吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] そうかと言って天空快濶に、さらりと笑い捨てられるでもなかった[里見弴*大道無門|1926]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「天空海闊」の解説

てんくう‐かいかつ ‥カイクヮツ【天空海闊】

〘名〙 (形動) 大空と海とがはてしなく広いこと。また、そのように度量が大きく何のわだかまりもないこと。また、そのさま。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「天空海闊の世界を、我からと縮めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天空海闊」の解説

てんくう‐かいかつ〔‐カイクワツ〕【天空海×闊】

[名・形動]大空と海が広々としていること。転じて、度量が大きく、こだわりのないこと。また、そのさま。
「まだ気持ちが、―に、からっと晴れ亙ってくれないんだ」〈里見弴・安城家の兄弟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android