天空海闊(読み)テンクウカイカツ

  • てんくうかいかつ ‥カイクヮツ
  • てんくうかいかつ〔カイクワツ〕
  • 天空海×闊

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]大空と海が広々としていること。転じて、度量が大きく、こだわりのないこと。また、そのさま。
「まだ気持ちが、―に、からっと晴れ亙ってくれないんだ」〈里見弴・安城家の兄弟〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 大空と海とがはてしなく広いこと。また、そのように度量が大きく何のわだかまりもないこと。また、そのさま。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「天空海闊の世界を、我からと縮めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

とがはてしなく広いこと。また、そのように度量が大きく何のわだかまりもないこと。

[活用] ―な・―に・―の。

[使用例] 天空海闊の世界を、我からと縮めて[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] そうかと言って天空快濶に、さらりと笑い捨てられる純でもなかった[里見弴*大道無門|1926]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android