コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天空海闊 テンクウカイカツ

デジタル大辞泉の解説

てんくう‐かいかつ〔‐カイクワツ〕【天空海×闊】

[名・形動]大空と海が広々としていること。転じて、度量が大きく、こだわりのないこと。また、そのさま。
「まだ気持ちが、―に、からっと晴れ亙ってくれないんだ」〈里見弴安城家の兄弟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天空海闊の関連情報