度量(読み)ドリョウ

デジタル大辞泉の解説

ど‐りょう〔‐リヤウ〕【度量】

物差しと枡(ます)。転じて、長さと容積。
他人の言行をよく受けいれる、広くおおらかな心。「度量が広い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ど‐りょう ‥リャウ【度量】

〘名〙
① 度と量。長さと容積。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「其他度量の制は、英国と同じ」
② 度をはかる物差と量をはかる枡(ます)
※令義解(718)職員「卿一人。〈掌出納。〈略〉度量。〈謂。丈尺為度也。升斗為量也〉〈略〉諸方貢献雑物事〉」 〔周礼‐夏官・合方氏〕
③ (━する) 物の程度や内容をおしはかること。
※正法眼蔵(1231‐53)授記「度量の造作にあらず」
※史記抄(1477)一五「敵のふるまいやうすを、度量して」 〔荀子‐礼論〕
④ 心の広がり。他の人の言動をうけ入れようとする心構えや性質。
※続日本紀‐天平神護二年(766)三月丁卯「真楯度量弘深、有公輔之才
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「正直な人ではあるが度量の乏しいのが欠点で」 〔魏志‐衛臻伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報