コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天賦人権 テンプジンケン

デジタル大辞泉の解説

てんぷ‐じんけん【天賦人権】

天がすべての人に対して平等に、分かち与えた権利

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんぷじんけん【天賦人権】

〘法〙 人が生まれながらにして有する権利。自然権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天賦人権の言及

【自然権】より

…人間が国法その他に先立ち,自然法によりあるいは生まれながら人間として有している権利をいう。日本では天賦人権ともいわれた。自然権は人間をあらゆる政治的・社会的制度に先立って権利をもつ存在と考える点で,それまでの特権中心の権利観を根本的に転換させた。…

※「天賦人権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天賦人権の関連キーワードバージニア権利章典天賦人権論[日本]民撰議院設立建白アメリカ独立宣言学問ノススメ民法典論争天賦人権論畢竟するに馬場辰猪愛国公党植木枝盛加藤弘之立志社自然権車会党民権論瓦解寥寥黙黙政論

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天賦人権の関連情報