天道是か非か(読み)テンドウゼカヒカ

デジタル大辞泉の解説

天道(てんどう)是(ぜ)か非(ひ)か

《「史記」伯夷伝から》公平とされるこの世の道理は、果たして正しいものに味方していると言えるのだろうか。疑わしいかぎりだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんどうぜかひか【天道是か非か】

〔史記 伯夷伝
天は善人には福をもたらし悪人には災いをもたらすというが、現実に善人が苦しんでいるのを見ると、天がほんとうに正しいか疑問である。不運な目にあったときの怒りや憤りの言葉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android