善人(読み)ぜんじん

精選版 日本国語大辞典「善人」の解説

ぜん‐じん【善人】

〘名〙 (古く「せんじん」とも) =ぜんにん(善人)
※文明本節用集(室町中)「与善人(センジン)居如芝蘭之室〔家語〕」
※銃後(1913)〈桜井忠温〉三「しかし天は無情か、此の善人(ゼンジン)に幸することが、いかにも薄い」

ぜん‐にん【善人】

〘名〙 心の善良な人。行ないの正しい者。また、気だてのよい人。好人物。仏教では特に因果の道理を信じてよい行ないをする人をいう。ぜんじん。⇔悪人
※霊異記(810‐824)上「善人、何為れぞ孝に違ふ」 〔論語‐述而〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「善人」の解説

ぜん‐にん【善人】

善良な人。行いの正しい人。⇔悪人
お人よし。だまされやすい人。「善人も度をすぎると考えものだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android