コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野雉彦 あまの きじひこ

1件 の用語解説(天野雉彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野雉彦 あまの-きじひこ

1879-1945 明治-昭和時代前期の童話作家。
明治12年10月15日生まれ。徳川夢声の叔父。郷里島根県内での小学校教師をへて,明治38年上京。巌谷小波(いわや-さざなみ)らと童話・演劇活動に従事する。加藤咄堂(とつどう),初代伊藤痴遊の影響をうけ,講談と童話の中間的な分野「趣味講演」を開拓し,各地を巡回した。昭和20年5月25日死去。67歳。島根師範卒。本名は隆亮(たかすけ)。著作に「実演お話集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天野雉彦の関連キーワード池上清定川瀬光順島津隼彦瀬川章友立野徳治郎二宮治重三隅正矢川ミキ矢川れん柳川平助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone