コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留島武彦 くるしま たけひこ

3件 の用語解説(久留島武彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久留島武彦 くるしま-たけひこ

1874-1960 明治-昭和時代の児童文学者。
明治7年6月19日生まれ。日清(にっしん)戦争に出征,体験記を「少年世界」に連載。巌谷小波(いわや-さざなみ)の協力で口演童話家となる。お伽(とぎ)倶楽部(クラブ),回字会などを設立し,口演童話の普及につくした。昭和35年6月27日死去。86歳。大分県出身。関西学院卒。著作に「童話術講話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くるしまたけひこ【久留島武彦】

1874‐1960(明治7‐昭和35)
口演童話家。大分県森町に旧豊後国森藩主の長男として生まれた。関西学院に学び,日清戦争従軍中に書いた軍隊体験記《近衛新兵》を博文館の雑誌《少年世界》に投稿して巌谷小波に認められ,以後小波に兄事した。1903年日本最初の童話会を横浜の教会で開き,06年には〈お伽俱楽部〉を創設して,口演童話を中心とする児童文化運動を全国にひろめ,口演童話の大成者となった。10年に早蕨幼稚園を設立,幼児教育にも力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久留島武彦
くるしまたけひこ
(1874―1960)

児童文学者。大分県森町(現玖珠(くす)町)に生まれる。関西学院卒業。初め尾上新兵衛の名で『少年世界』(1895創刊)に児童読み物を執筆、のちに巌谷小波(いわやさざなみ)に師事してお伽噺(とぎばなし)創作、口演(こうえん)童話に活躍した。とりわけ口演童話に力を入れ、1906年(明治39)にはお伽倶楽部(くらぶ)をおこし、その礎(いしずえ)を築いた。また幼稚園の経営、ボーイスカウトの結成に活躍。口演童話の開拓者としての業績をたたえ、郷里に童話碑が立てられている。主著に『童話術講話』(1973・日本青少年文化センター)がある。[岡田純也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久留島武彦の関連キーワード石井国次太田半六小西寅松鈴木四十袖山喜久雄中崎俊秀皆川マス宮本行一郎山階宮妃常子脇村市太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久留島武彦の関連情報