天離(読み)あまざかる

精選版 日本国語大辞典「天離」の解説

あま‐ざかる【天離】

(「あまさかる」とも) 空遠く離れる意。
① 「向(むか)つ」にかかる。天から遠く離れたむこうの意によるか。
※書紀(720)神功摂政前(熱田本訓)「名は撞賢木(つきさかき)厳之御魂(つのみたま)天疎(アマサカル)向津媛(むかつひめの)命」
② 「鄙(ひな)」にかかる。空遠く離れた田舎の意か。
※書紀(720)神代下・歌謡「阿磨佐箇屡(アマサカル)(ひな)つ女(め)の い渡らす迫門(せと) 石川片淵」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)七「天(アマ)ざかる鄙(ひな)とはいへど風俗は、都に恥ぬはげし地の」
[語誌]この語の清濁は、時代によって異なるらしい。「日本書紀‐歌謡」例はアマサカルとよめるし、「万葉集」のかな書きの例は、ただ一つアマサガルという例があるが、他の一六例はアマザカルである。「日葡辞書」では、アマサガルとアマサカルの両形があり、謡曲ではアマサガルといっていたらしい。「改正増補和英語林集成」には「Amasakaru アマザカル」とあり、ローマ字書きは清音、かな書きは「ザ」と濁音である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android