コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太湖船 たいこせんTài hú chuán

世界大百科事典 第2版の解説

たいこせん【太湖船 Tài hú chuán】

中国,江南の楽曲名。作曲者,作曲年代は不明。江蘇省太湖に浮かぶ船が,たそがれどきに軽やかな風をうけて淡い月光のもと,静かに進む情景を描写する。歌詞もあって歌われることもあるが,横笛琵琶を中心にした糸竹合奏曲として有名。ただし現在は国内で流行しないようである。第2次大戦前,日本で中国に関係するラジオドラマなどによくこの曲を用い,中国的ムードをかもし出していた。今日でもときにテレビドラマに流される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android