太田幸司(読み)おおた こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田幸司 おおた-こうじ

1952- 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和27年1月23日生まれ。44年三沢高のエースとして夏の甲子園に出場。決勝で松山商の井上明投手となげあい,18回0対0で引き分け。翌日の再試合で敗れ,悲劇のヒーローとして人気をよぶ。45年ドラフト1位で近鉄入団。通算58勝85敗で59年引退。青森県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田幸司の関連情報