太田幸司(読み)おおた こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田幸司 おおた-こうじ

1952- 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和27年1月23日生まれ。44年三沢高のエースとして夏の甲子園に出場。決勝で松山商の井上明投手となげあい,18回0対0で引き分け。翌日の再試合で敗れ,悲劇のヒーローとして人気をよぶ。45年ドラフト1位で近鉄入団。通算58勝85敗で59年引退。青森県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田幸司の関連情報