太皡・太昊・大皓(読み)たいこう

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐こう ‥カウ【太皡・太昊・大皓】

〘名〙 中国、伝説上の帝王、伏羲(ふっき)をいう。八卦をつくったとされ、東方の神、春の神として祭られる。
宴曲・宴曲集(1296頃)五「太昊木徳の春の始一天風閑か也」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android