コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宴曲 えんきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宴曲
えんきょく

中世歌謡の一つ早歌 (そうが) の文学史上の名称。鎌倉時代中期~末期に鎌倉地方で成立し,以後室町時代を通じて,武士を中心とする階層にわれた。 173曲の詞章が,『宴曲集』『宴曲抄』『真曲抄』『究百集』『拾菓集』『拾菓抄』『別紙追加曲』『玉林苑』の8部 16巻と外物1巻の撰集のかたちで伝えられ,ほかに『異説秘抄口伝巻』『撰要両曲巻』という秘伝書に 48編ずつの部分的替え歌がある。また,撰要目録1巻に撰者明空 (作詞作曲者である月江と同一人物との説がある) の序文と各曲の作詞作曲者名を記す。過半数の曲は明空の作詞作曲による。題材は生活の全般にわたるが,「春」「祝言」「恋路」「羈旅 (きりょ) 」「海辺」など和歌・連歌的題の一群,「馬徳」「筆徳」「車」「文武」など身近な動物や器物や諸芸などを歌う一群,「熊野参詣」「善光寺修行」「鶴岡霊威」「永福寺勝景」など特定の寺社への道行や縁起,勝景を歌った曲の一群,以上の3群が目立つ。いずれも,取り上げた題材についての佳例,来歴をあげ,賛嘆するものである。曲節は墨譜によって知られるが,拍律を主とするリズミカルなもので,なかに無拍子の部分が挿入されて,変化をつけている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐きょく【宴曲】

鎌倉中期から室町時代にかけて、貴族・武家・僧侶の間で流行した歌謡の一。院政時代雑芸(ぞうげい)今様(いまよう)の系統を引き、これに天台声明(しょうみょう)の節まわしを取り入れたもの。作者には天台宗の僧、明空月江などがいる。内容は物尽くし道行きの歌で、多くは七五調。初めは伴奏なしの扇拍子で、のちには尺八の伴奏で歌われた。早歌(そうか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

宴曲【えんきょく】

鎌倉・室町時代の歌謡の一種。別名早歌(そうが)。《宴曲集》その他に百数十編収録。作詞作曲者として明空(1306年に60余歳)と弟子の月江が有名。歌詞は和漢の古典によった七五調の物尽しが多く,リズミカルに,歌詞の意味が通じにくくならない程度に全体を通して旋律的に歌われた。
→関連項目郢曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宴曲
えんきょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宴曲の言及

【早歌】より

…中世の声曲。近年は一般に〈宴曲〉ともいわれるが,うたわれた当時の文献に見える〈早歌〉が正称である。〈現爾也娑婆(げにやさば)〉〈理里有楽(りりうら)〉の別称もある。…

※「宴曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宴曲の関連キーワード小歌(小唄)子の日の松宴曲十七帖二条為道天台声明海道下り碧羅の天嘉辰令月巴の字幸若舞閑吟集仏生日数取り朝催ひ郢曲抄羽客今様金鈴窄し海道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android