コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏羲 ふくぎ Fu-xi; Fu-hsi

7件 の用語解説(伏羲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏羲
ふくぎ
Fu-xi; Fu-hsi

「ふっき」とも読み,庖犧 (ほうぎ) ともいう。中国の伝説上の皇帝。三皇の1人 (→三皇五帝 ) 。蛇身人面で,八卦 (はっか) をつくり,漁猟を教えたと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくぎ【伏羲/伏犠】

ふっき(伏羲)

ふっき〔フクキ〕【伏羲/伏犠】

中国古代伝説上の帝王。初めて八卦(はっけ)を作り、婚姻の制度を整え、民に漁や牧畜を教えたという。女媧(じょか)の兄あるいは夫といわれ、三皇の一人。太昊(たいこう)。庖犠(ほうき)。宓犠(ふくき)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伏羲【ふくぎ】

中国神話の三皇の一人(三皇五帝)。庖犠(ほうぎ)などとも。母の華胥(かしょ)が巨人の足跡をふんで孕(はら)んだと伝える。蛇身人面,牛首虎尾。《易経》では八卦(はっけ)を作り,漁猟法を民衆に教えた聖王。
→関連項目八卦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

占い用語集の解説

伏羲

易の「八卦」を最初に創ったとされる人物。「易の三聖」の一人で、人面蛇身の姿をしていたとされる。5000年前の聖天子で、無知だった人間に牧畜や漁業、調理法を教えたといわれている。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくぎ【伏羲 Fú xī】

中国の創世説話にみえる神。庖犧(ほうぎ),虙戯(ふくぎ)などとも呼ぶ。女媧(じよか)を妻とする男神。大洪水のとき,この2人だけが助かり,人類の祖となった。その二神像は,手に測量の器である規矩(きく)(規矩準縄)をもち,下体は竜の相交わる形。漢の石刻や西北地区の帛画(はくが)などにも残されているが,その民間伝承は湘西(しようせい)より西南地区の諸族の間に伝えられ,五十数例が記録されている。伏羲は葫蘆(ころ)(ひさご)の意で,箱舟型の洪水説話を祖型とするものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伏羲
ふくぎ

中国古代の伝説上の帝王。華胥(かしょ)氏の娘が雷沢(らいたく)の中に残されていた巨人の足跡を踏んで懐妊し、生まれたのが伏羲であるという。(ふぎ)、庖犧(ほうぎ)とも書き、また太(たいこう)ともいわれて三皇五帝の1人に数えられる。『列子(れっし)』では伏羲は人頭蛇身とされ、漢代の画像石には蛇身の伏羲と女(じょか)が尾を交えている姿がみられる。易の八卦(はっけ)を考案したり、網を発明して民に狩猟や漁労の方法を教え、さらに獲物を生(なま)のままでなく火を使って料理することも教えたといい、庖犧の名はこれを表していると思われる。そのほか結婚の制度を創始するなど、さまざまな事物の発明や諸制度を創設したといわれるが、これらは諸文物の起源を好んで聖天子の功績に帰そうとする中国古伝承の現れであって、史実とはいえない。民間では、伏羲と女が結婚して人類の祖となったという伝承が語られているが、むしろこのような伏羲が本来のおもかげをとどめているものと考えられる。[伊藤清司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伏羲の言及

【中国神話】より

…天が北西に傾き,欠漏が生じたところを,女媧(じよか)が五色の土で補修し,それが輝く星となった。女媧こそ救世の主であるが,この竜形の神にはまた人類初生の説話があり,伏羲(ふくぎ)と相交わる竜形の神である。伏羲,女媧にはまた洪水説話がある。…

【ヒョウタン(瓢簞)】より

…なんでも望む物をその中から出し福運を得たり,妖怪を退治する〈宝葫蘆〉の呪宝譚,葫蘆やウリ類から生まれる霊童出現譚の昔話も伝わっている。人類の始祖〈伏羲(ふくぎ)・女媧(じよか)〉や各種族が葫蘆中から生まれたとする神話がとくに西南の漢族以下諸民族に普遍的に流布している。伏羲,女媧の名まえは葫蘆そのものの意味であり,葫蘆の化身だという聞一多の説もある。…

【文化英雄】より

…彼は,医薬を発明し,虫害・鳥獣の害を除去する法を定めたと伝えられる。農耕や医薬,占い,法などを発明した神農(しんのう)や,書契の法を考案し婚姻の礼を定め,漁猟や祭器を教えた伏羲(ふくぎ)なども,中国神話における文化英雄である。ギリシア神話のプロメテウスも,文化英雄の典型である。…

※「伏羲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伏羲の関連キーワード共工盤古愚公女媧目に見える櫛明玉神壬生良門角樴尊重黎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone