コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太藺・莞 ふとい

大辞林 第三版の解説

ふとい【太藺・莞】

カヤツリグサ科の多年草。池などに自生。茎は円柱形で太く高さ約1.5メートル。夏から秋にかけ、茎頂に多数の小穂をつける。茎を編んで、むしろ・畳表の代用品にする。大藺おおい。トウイ。マルスゲ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太藺・莞の関連キーワードカヤツリグサ科代用品多年草自生畳表小穂