コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陰神話 たいいんしんわlunar myth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陰神話
たいいんしんわ
lunar myth

月神話ともいう。月と太陽とはしばしば一対の存在として考えられ,夫婦,兄妹,姉弟,双子などに見立てられて神話に登場する。また両者を天空神の両眼とする神話も数多い。月に関する神話のなかで独特なものは,月の満ち欠けに関する神話と,月面の斑点に関する説明神話である。月の満ち欠けは,月の住人である天子や女子供が規則正しく現れたり去ったりする結果であるとする神話が存在する。月面の斑点については,日本では昔からうさぎが杵で餅をついているとする話が伝えられており,中国やインドにも同様な説明がある。その他,斑点は月に住むかにや妖精であるという説明もある。また月食神話は,同時に日食神話となっている。ドイツの民族学者 W.シュミットは,太陰=月神話を母権栽培民文化圏に属するものとした。 (→太陽神話 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

太陰神話の関連キーワード天体崇拝

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android