太陽がいっぱい

デジタル大辞泉プラス「太陽がいっぱい」の解説

太陽がいっぱい

①米国のミステリー作家パトリシア・ハイスミスの代表作(1955)。原題《The Talented Mr. Ripley》。「トム・リプリー」シリーズの第1作。
②1960年製作のフランス・イタリア合作映画。原題《Plein soleil》。①を原作とする。監督:ルネ・クレマン出演:アラン・ドロンマリーラフォレ、モーリス・ロネほか。

太陽がいっぱい

日本のテレビドラマ放映はフジテレビ系列(1998年1月~3月)。全10回。脚本:土屋斗紀雄。出演:中村雅俊、牧瀬里穂、細川茂樹ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android