コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江千里 おおえのちさと

8件 の用語解説(大江千里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江千里
おおえのちさと

平安時代前期の歌人,文人。父は音人 (おとんど) 。宇多天皇時代の人で,六位兵部大丞にいたった。家集『大江千里集』は「句題和歌」と呼ばれ,大部分は『白氏文集』の詩句によった題詠から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおえ‐の‐ちさと〔おほえ‐〕【大江千里】

平安前期の歌人。音人(おとんど)の子。兵部大丞(ひょうぶだいじょう)。中古三十六歌仙の一人。宇多天皇の命により「句題和歌(大江千里集)」を撰進。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大江千里【おおえのちさと】

平安前期の儒者。生没年不詳。中古三十六歌仙の一人。大江音人(おとんど)の子(一説に孫)。官は897年に散位従六位,903年に兵部大丞に至った。《古今和歌集》に10首入集している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江千里 おおえの-ちさと

?-? 平安時代前期-中期の官吏,歌人。
大江音人(おとんど)の子。孫とする説もある。中古三十六歌仙のひとり。延喜(えんぎ)3年(903)兵部大丞(だいじょう)となる。「古今和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集に31首がえらばれている。家集に「大江千里集」。
【格言など】月見れば千々(ちぢ)に物こそ悲しけれわが身一つの秋にはあらねど(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大江千里

生年:生没年不詳
平安時代の歌人,学者。大江音人の子。孫とする説もある。大学を出,延喜3(903)年兵部大丞に至ったが,一時罪を得て籠居するなど,官人としては不遇であった。家集『大江千里集』は『句題和歌』ともいい,寛平6(894)年,宇多天皇の勅命によって編集された。その内容の大部分は,白居易などの漢詩句を題とし,それを和歌に翻案した新趣向の試みで,後世さかんに作られる同種の句題和歌の先駆をなす。「不明不暗朧朧月」の一句を翻案した「照りもせず曇りも果てぬ春の夜の朧月夜にしくものぞなき」の1首は特に有名である。『古今集』には10首が採られ,以下の勅撰集には15首が入集。

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおえのちさと【大江千里】

平安前期の儒者,歌人。生没年不詳。父は大江音人(おとんど)(異説もある)。官は六位兵部大丞にいたる。《古今集》に10首入集。博覧で《貞観格式》の編者の一人。家集に,《白氏文集》の詩の一句を題にして詠んだ《大江千里集》(別名《句題和歌》)があり,一種の翻訳文学として注目される。〈文集嘉陵春夜の詩,不明不暗朧々月といへることをよみ侍りける 照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしく物ぞなき〉(《新古今集》巻一)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおえのちさと【大江千里】

平安前期の儒学者・歌人。中古三十六歌仙の一人。音人おとんどの子。宇多天皇の勅命により「白氏文集」などからの詩句を題として「句題和歌(大江千里集)」を詠進。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江千里
おおえのちさと
(850ころ―905ころ)

平安前期の歌人。参議従三位(じゅさんみ)音人(おとんど)の三男。父音人は阿保(あぼ)親王の落胤(らくいん)と考えられ、在原業平(ありわらのなりひら)・行平(ゆきひら)は千里の叔父にあたる。大江家は菅原(すがわら)家と並ぶ学問の家であり、彼自身大学学生(がくしょう)の出身であるが、千古(ちふる)(弟)や朝綱(あさつな)、維時(これとき)(甥(おい))に比して詩人としての評価は劣り、不遇な官途に甘んじた。903年(延喜3)兵部大丞(ひょうぶたいじょう)を極官とする。反面、「是貞親王家歌合(これさだのみこのいえのうたあわせ)」「寛平御時后宮歌合(かんぴょうのおんとききさいのみやのうたあわせ)」に出詠し、宇多(うだ)帝からは古今の歌の類聚(るいじゅう)を委嘱されて『句題和歌』を献上するなど、歌人としての声望は高いものがあった。
 月見ればちぢに物こそかなしけれわが身ひとつの秋にはあらねど[渡辺秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江千里の関連キーワード大江大江氏大江音人在五忌大江維順大江維光大江千古大江嘉言上毛野永世隆源(1)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大江千里の関連情報