太陽宇宙線(読み)たいよううちゅうせん(英語表記)solar cosmic ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽宇宙線
たいよううちゅうせん
solar cosmic ray

太陽から放射される高エネルギー粒子。エネルギーは1万 eVから数十億 eVに及ぶが,観測されるものは数百万 eVないし1億 eVのものが多い。太陽フレアの出現に伴い発生することから,太陽フレア粒子とも呼ばれる。出現頻度は太陽活動期で1年に2,3回,太陽静穏期にはほとんど出現しない。組成は陽子が主で,電子,α粒子,それよりわずかに重い原子核が含まれる。質量数あたりの運動エネルギーが 1000万 eV以上では,α粒子および,それよりわずかに重い原子核の元素比は太陽の元素比と似ている。陽子とα粒子との比はフレアごとに異なり,大規模なものほど陽子が多い。電子は陽子の1%以下である。太陽宇宙線太陽風の磁場中を拡散しつつ惑星間空間に伝搬する。地球磁場のため,地球へは地磁気の極付近にのみ入射し,上層大気の異常な電離増加を起す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽宇宙線の関連情報