コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽戦隊サンバルカン

デジタル大辞泉プラスの解説

太陽戦隊サンバルカン

日本の特撮テレビ番組。1975年から放映が続く「スーパー戦隊シリーズ」の作品のひとつ。放映はテレビ朝日系列(1981年2月~1982年1月)。全50話。原作:八手三郎。脚本:上原正三ほか、監督:竹本弘一ほか。出演:川崎龍介、五代高之、杉欣也、小林朝夫ほか。メインのヒーローが三人組となった初の作品。前作「電子戦隊デンジマン」の敵役として登場した曽我町子演じるヘドリアン女王が機械人間として復活して敵組織ブラックマグマに加わっている。

太陽戦隊サンバルカン

同名の特撮テレビ番組(1981-82)に登場する変身ヒーロー。バルイーグルバルシャークバルパンサーの3人で構成されるスーパー戦隊。国連サミット・地球平和守備隊の選抜特殊部隊で、機械帝国ブラックマグマと戦う。戦隊技はバルカンボール、サンバルカン合体剣。登場する巨大合体ロボはサンバルカンロボ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

太陽戦隊サンバルカンの関連キーワード岸田 森

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽戦隊サンバルカンの関連情報