前作(読み)ぜんさく

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐さく【前作】

その作品の前に作った作品。
同一地に2種以上の作物を前後して栽培するときの、前のほうの作物。まえさく。⇔後作(あとさく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐さく【前作】

〘名〙
① 前に作った作品。以前の制作。特に、ある作品の一つ前に作った作品。
※苦笑風呂(1948)〈古川緑波文芸時評「これも、だらだらと長いものであることは前作と同じであるが」
前人の制作。先人の作品。〔宋書‐徐爰伝〕
③ 同一地に二種、ないしは前に栽培される以上の作物を前後して栽培する場合の、前の栽培作物をいう。後作(あとさく)に対していう。まえさく。

まえ‐さく まへ‥【前作】

〘名〙 =ぜんさく(前作)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前作の関連情報