コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太鼓方 タイコカタ

2件 の用語解説(太鼓方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいこ‐かた【太鼓方】

能楽の囃子方(はやしかた)のうち、太鼓を専門に受け持つ者。現在、観世金春(こんぱる)の二流派がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太鼓方の言及

【能】より


【役籍】
 能は,役に扮して舞台に立つ立方(たちかた)と,もっぱら音楽を受け持つ地謡方(じうたいかた),囃子方とで成り立つが,それぞれの中で技法がさらに分化し,室町時代末期に七つの専門が確立した。立方を勤めるシテ方,ワキ方,狂言方と,囃子方である笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方の7役籍がそれで,江戸時代以降,互いに他の専門を侵さない規律ができ,現在でもそれが守られている。なお,地謡はシテとの関連性が強いためにシテ方が勤める。…

※「太鼓方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太鼓方の関連情報