コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囃子方 ハヤシカタ

百科事典マイペディアの解説

囃子方【はやしかた】

能楽の器楽を担当する専門職。笛方(一噌(いっそう)・森田・藤田流),小鼓方(幸(こう)・幸清(こうせい)・大倉・観世流),大鼓方(葛野(かどの)・高安・石井・大倉・観世流),太鼓方(観世・金春流)に分かれる。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はやしかた【囃子方】

日本音楽の用語。能と歌舞伎で用いられる。 能の囃子方は四拍子(しびようし)とも称し,笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方で構成され,各楽器とも分業制度が守られ,他楽器を兼ねることはない。それぞれの楽器には流派がある。現在,笛方には一噌(いつそう)流森田流藤田流の3流が,小鼓方には幸(こう)流幸清(こうせい)流大倉流観世流の4流が,大鼓方には葛野(かどの)流高安(たかやす)流石井流・大倉流・宝生錬三郎派(宝生流)の4流1派が,太鼓方には観世流・金春(こんぱる)流の2流がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はやしかた【囃子方】

囃子の演奏を受け持つ役。能楽では笛方・小鼓方・大鼓方・太鼓方の四役があり、歌舞伎では三味線以外の各種の楽器の奏者をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

囃子方
はやしかた

日本音楽用語。能楽や歌舞伎(かぶき)などで囃子の演奏にあたる者をいう。
 能楽の囃子方は、四拍子(しびょうし)それぞれの演奏者である笛方(ふえかた)、小鼓方(こつづみかた)、大鼓方(おおつづみかた)、太鼓方(たいこかた)よりなり、一人一芸の分業制度が守られ、他楽器を兼ねることはない。笛方が演奏するのは能管(のうかん)である。現在、流儀は、笛方に一噌(いっそう)流・森田流・藤田流の3流、小鼓方に幸(こう)流・幸清(こうせい)流・大倉流・観世(かんぜ)流の4流、大鼓方に葛野(かどの)流・高安(たかやす)流・石井流・大倉流・観世流の5流、太鼓方に観世流・金春(こんぱる)流の2流がある。流儀はおのおのの主張と手法をもっているが、能5流・狂言2流のいずれの囃子も勤める。
 歌舞伎では、古くは囃子方という語は長唄(ながうた)の唄方、三味線方および打楽器や管楽器の演奏者である鳴物師の総称で、この三者の統括責任者を「囃子頭(はやしがしら)」とよんだ。しかし、近年は、長唄(唄・三味線)と鳴物は組織上分離の傾向が強まり、責任者である部長も長唄と鳴物のそれぞれから出るようになり、したがって囃子方という語は鳴物師だけをさす場合が多くなっている。歌舞伎の囃子方(鳴物師)は、能楽の場合のように一つの楽器に専従するのではなく、笛以外のいっさいの楽器、つまり小鼓、大鼓、太鼓のほか陰(かげ)囃子(下座(げざ)音楽)に用いる大太鼓そのほか数多くの打楽器を演奏できなければならない。しかし、出(で)囃子においては小鼓が主導性をもち、流儀の家元や演奏グループの統率者はおおむね小鼓を打っている。なお、笛方は能管、竹笛(篠笛(しのぶえ)ともいう)を扱い専業化しているが、特殊な流派を除いては独自の流儀を形成しておらず、打楽器の家元に属しているのが常である。概して、能楽の囃子方のような楽器別による流儀組織の堅固さはなく、転流も比較的容易である。流儀は10流以上あり、現在歌舞伎界で活躍しているのは田中流、望月(もちづき)流などで、また柏(かしわ)流は長唄の唄・三味線を含む流儀として、住田(すみた)流又兵衛(またべえ)派、鳳声(ほうせい)流は笛方の流派として特色がある。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の囃子方の言及

【下座音楽】より

…ただし〈陰囃子〉は,狭義に,出囃子,出語りについて黒御簾の中で演奏される鳴物を意味することが多い。〈下座音楽〉は,昭和の初めごろから〈下座の音楽〉を熟語化していわれるようになったもので,これを職分とする〈囃子方〉は,ふつう〈下座音楽〉とはいわない。〈下座〉は〈外座〉とも記し,本来,舞台上手の役者の出入口〈臆病口〉の前の一角を指し,享保(1716‐36)末期に上方も江戸もそこが囃子の演奏場所となり,そこで演奏される囃子を〈下座〉とも称するようになったところから〈下座の音楽〉〈下座音楽〉といわれるようになったもの。…

【地方】より

…舞を舞う人たちを,立方(たちかた)と呼ぶのに対することば。本来は唄い手,語り手(長唄の唄方,義太夫節・常磐津節・清元節・新内節など浄瑠璃の太夫)と三味線奏者(三味線方)だけであったが,現在では唄い手・語り手と三味線方と囃子方の三つをいう。唄と浄瑠璃がそれぞれ独立している場合と,それらの二つ以上が合併して行う掛合(長唄と常磐津のように)の場合とがある。…

【能】より

…その他,鬼退治物の《紅葉狩》《羅生門》,天狗物の《鞍馬天狗》,祝言物の《石橋(しやつきよう)》《猩々(しようじよう)》などである。
【役籍】
 能は,役に扮して舞台に立つ立方(たちかた)と,もっぱら音楽を受け持つ地謡方(じうたいかた),囃子方とで成り立つが,それぞれの中で技法がさらに分化し,室町時代末期に七つの専門が確立した。立方を勤めるシテ方,ワキ方,狂言方と,囃子方である笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方の7役籍がそれで,江戸時代以降,互いに他の専門を侵さない規律ができ,現在でもそれが守られている。…

※「囃子方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

囃子方の関連キーワード金春 惣右衛門(22代目)田中 伝左衛門(11代目)田中 伝左衛門(10代目)望月 太左衛門(10代目)望月 太左衛門(7代目)望月 太左衛門(8代目)望月 太左衛門(9代目)住田 又兵衛(4代目)六合 新三郎(6代目)宝 山左衛門(2代目)望月太左衛門(10世)福原 百之助(5代目)住田 長三郎(3代目)堅田 喜三久(3代目)望月太左衛門(1世)柏 扇之助(1代目)柏 扇之助(初代)福原百之助(5世)藤舎 呂船(初代)宝山左衛門(初代)

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

囃子方の関連情報