コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇静脈 きじょうみゃくazygos vein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奇静脈
きじょうみゃく
azygos vein

胸大動脈に相当する静脈幹をなすもので,脊柱の右側を上行し,第3~5胸椎の高さで上大静脈に注ぐ。左側には半奇静脈があり,第7胸椎の高さで胸椎の前を横切って奇静脈に合流する。肋間静脈,肋下静脈,食道静脈,後気管支静脈などがこの静脈に入る。縦胸静脈ともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

奇静脈【きじょうみゃく】

縦胸静脈ともいう。胸腹壁の深層の血液を集める静脈で,脊柱のすぐ両側を縦にのぼる。右側のものは奇静脈と呼び,右の肺根の上を越えて上大静脈に注ぐ。左側のものは半奇静脈と呼び,上から下る副半奇静脈を合して胸の中央で横に走り奇静脈に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

奇静脈の関連キーワード腰動脈・静脈食道静脈瘤胸大動脈縦隔

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android