コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇静脈 きじょうみゃく azygos vein

2件 の用語解説(奇静脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奇静脈
きじょうみゃく
azygos vein

胸大動脈に相当する静脈幹をなすもので,脊柱の右側を上行し,第3~5胸椎の高さで上大静脈に注ぐ。左側には半奇静脈があり,第7胸椎の高さで胸椎の前を横切って奇静脈に合流する。肋間静脈,肋下静脈,食道静脈,後気管支静脈などがこの静脈に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奇静脈【きじょうみゃく】

縦胸静脈ともいう。胸腹壁の深層の血液を集める静脈で,脊柱のすぐ両側を縦にのぼる。右側のものは奇静脈と呼び,右の肺根の上を越えて上大静脈に注ぐ。左側のものは半奇静脈と呼び,上から下る副半奇静脈を合して胸の中央で横に走り奇静脈に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

奇静脈の関連キーワード肝静脈上大静脈総動脈幹症大動脈弓仇をなす肺動脈下行大動脈脾静脈大動脈離断総動脈幹遺残(症)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone