奈良・纒向(まきむく)遺跡(読み)ならまきむくいせき

知恵蔵の解説

奈良・纒向(まきむく)遺跡

奈良県桜井市にあって、「邪馬台国」の有力候補地の一つとされる弥生時代末〜古墳時代の遺跡。2007年9月には3世紀初めのアカガシ製の仮面(縦約26cm)が井戸跡から見つかった。魔よけ豊作を祈る祭祀(さいし)に使われたらしい。現地は卑弥呼の墓という説が根強い箸墓古墳の北一帯で、これまでにも大規模な水路跡や聖域を思わせる建物跡、各地から持ち込まれた土器、古い弥生時代の墳丘墓群などが確認されている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android