コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥只見湖 オクタダミコ

4件 の用語解説(奥只見湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おくただみ‐こ【奥只見湖】

新潟・福島の県境にある只見川上流をせき止めてできた人造湖。重力式コンクリートダムである奥只見ダム貯水池。面積11.5平方キロメートル、最大深度75メートル。正式名称は銀山(ぎんざん)湖。かつて、この付近が銀山平と呼ばれていたことから。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

奥只見湖

新潟県魚沼市から福島県南会津郡桧枝岐(ひのえまた)村にまたがる地区、阿賀野川水系只見川にある奥只見ダムのダム湖。越後三山只見国定公園内に位置し、春から秋にかけては湖上遊覧船が就航する。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。「銀山湖」ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥只見湖
おくただみこ

銀山湖」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の奥只見湖の言及

【奥只見】より

…銀山閉鎖後,出作り集落,開拓村もつくられたが,1953年から始まった国土総合開発法に基づく奥只見電源工事により,田子倉ダム,奥只見ダムが造られ,それらの大半が水没した。両ダムは日本有数の発電力をもち,新しく生まれた田子倉湖,奥只見湖(銀山湖)とともに観光地となり,奥只見湖の北側には奥只見丸山スキー場がある。奥只見湖へは新潟県湯之谷村折立(おったて)温泉付近から電源開発用の長さ22km(トンネル18km)の奥只見シルバーラインを利用して達する。…

※「奥只見湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone