コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

只見川 ただみがわ

7件 の用語解説(只見川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

只見川
ただみがわ

福島県西部を流れる川。全長 137km。群馬県との県境にある尾瀬沼尾瀬ヶ原に源を発し,県境をなしつつ北流,只見町付近で北東流し伊南川,野尻川などを合わせ,喜多方市猪苗代湖から流出する日橋川と合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ただみ‐がわ〔‐がは〕【只見川】

福島県西部を北流する川。尾瀬に発し、阿賀野川に合流する。長さ137キロ。奥只見・田子倉など発電用ダムが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

只見川【ただみがわ】

福島県西部を流れる川。阿賀野川の支流で,長さ137km。尾瀬沼に発し尾瀬ヶ原の水を集めて北流,山都町(現・喜多方市)で日橋川と合し阿賀野川になる。深雪地帯の山地を流れ,落差が大きく,包蔵水力は日本有数。
→関連項目越後三山只見国定公園越後山脈金山[町]只見[町]沼沢湖燧ヶ岳三島[町]柳津[町]六十里越(福島・新潟)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ただみがわ【只見川】

福島県西部を流れる川。日本海に注ぐ阿賀野川の支流。福島県南西端,群馬県境にある尾瀬沼(水面高度1665m)に発し,尾瀬ヶ原湿原の水を集めて福島・新潟県境に深い峡谷をつくって北流する。途中には約500mにわたって火成岩の緩傾斜面を滑るように流れ落ちる平滑(ひらなめ)ノ滝や落差約100mの三条ヶ滝がある。南会津郡只見町只見付近で支流の伊南(いな)川を合わせて,穿入(せんにゆう)蛇行しながら北東流し,数段の河岸段丘を形成して耶麻(やま)郡山都(やまと)町で会津盆地から西流する阿賀川に合流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ただみがわ【只見川】

尾瀬ヶ原に発し、福島県南西部を流れて阿賀野川に合流する川。上流部は電源地帯で、奥只見・田子倉などの発電用大ダムがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(福島県)〕只見川(ただみがわ)


群馬・福島県境にある尾瀬(おぜ)沼に源を発し、新潟・福島県境を北流、会津(あいづ)盆地西部で阿賀(あが)川と合流する川。1級河川(阿賀野川水系)。源流部は沼尻(ぬまじり)川とも。奥只見ダム・田子倉(たごくら)ダムなどの大型ダムや発電所が立地し、日本有数の電源地帯をなす。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

只見川
ただみがわ

福島、新潟県を流れて日本海に注ぐ阿賀野(あがの)川の支流の一つ。最上流は福島・群馬県境にある尾瀬(おぜ)沼に発する沼尻(ぬまじり)川と、尾瀬ヶ原に発するヨッピ川で、二つの川は福島・群馬・新潟県境で合流して只見川となる。さらに福島・新潟県境を北流し、南会津郡只見町西部で向きを北東に転じ、喜多方(きたかた)市山都(やまと)町と同市高郷(たかさと)町の境界で阿賀川(福島県での阿賀野川の呼び名)に注ぐ。流路延長137キロメートル。流域面積は約2900平方キロメートルに及ぶ。尾瀬ヶ原北端の平滑(ひらなめ)ノ滝、三条ノ滝を経て深い峡谷となり、中流部では奥只見湖(銀山湖)、田子倉(たごくら)湖をはじめとする多くのダム湖を連ねる。豊富な水量を利用して電源開発が進められ、上流から大津岐(おおつまた)(支流)、奥只見、大鳥、田子倉、只見、滝、本名(ほんな)、上田(うわだ)、宮下、柳津(やないづ)、片門(かたかど)のダムがつくられた。中流部の只見町付近から下流では河岸段丘を伴いながら典型的な穿入(せんにゅう)曲流路となる。川に沿ってJR只見線、国道252号が走るが、一帯は豪雪地帯であり、冬季交通路の維持は困難を極める。狭小な段丘上に只見・金山(かねやま)・三島・柳津の各町の中心集落が立地する。上流部は尾瀬国立公園、中流部は越後三山(えちごさんざん)只見国定公園、只見柳津県立自然公園(福島県)に指定されている。[中村嘉男]
『塩川朝夫著『只見川――その自然と電源開発』(1964・福島民報出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の只見川の言及

【尾瀬ヶ原】より

…阿賀野川支流,只見川の源流部の小盆地に形成された日本屈指の高位泥炭地(高層湿原)。長さ6km,幅2km,面積7.6km2。…

※「只見川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

只見川の関連キーワード阿賀川阿賀野川磐井川インダス川大川コロンビア川ダモダル川レナ川留萌川豊田〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

只見川の関連情報