銀山湖(読み)ぎんざんこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀山湖
ぎんざんこ

福島・新潟県境にある奥只見(おくただみ)ダムの建設によって生じた人造湖。奥只見湖ともいう。面積11.5平方キロメートル、最大深度75メートル。湖名は、かつてこの付近が銀山平(だいら)とよばれていたことに由来する。越後(えちご)高田藩、会津(あいづ)藩それぞれの銀山があり、最盛期には純銀年間1200キログラムを産出し、人夫1万3000人を数えたという。やがて鉱脈も消え、ダム建設により水没した。一帯は越後三山只見国定公園に含まれ、JR上越線小出(こいで)駅から奥只見シルバーラインや銀山平へ抜ける国道が通じ、尾瀬へ行く遊覧船もある。[渡辺四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の銀山湖の言及

【奥只見】より

…銀山閉鎖後,出作り集落,開拓村もつくられたが,1953年から始まった国土総合開発法に基づく奥只見電源工事により,田子倉ダム,奥只見ダムが造られ,それらの大半が水没した。両ダムは日本有数の発電力をもち,新しく生まれた田子倉湖,奥只見湖(銀山湖)とともに観光地となり,奥只見湖の北側には奥只見丸山スキー場がある。奥只見湖へは新潟県湯之谷村折立(おったて)温泉付近から電源開発用の長さ22km(トンネル18km)の奥只見シルバーラインを利用して達する。…

※「銀山湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android