奥村 喜和男(読み)オクムラ キワオ

20世紀日本人名事典の解説

奥村 喜和男
オクムラ キワオ

昭和期の官僚 東洋自動車会長;内閣情報局次長。



生年
明治33(1900)年1月4日

没年
昭和44(1969)年8月19日

出生地
福岡県

学歴〔年〕
東京帝大法学部独法科〔大正14年〕卒

経歴
逓信省に入り、同盟通信、満州電電など国策機関の創設に尽力、その後内閣調査局調査官となり電力の国家管理を準備した。次いで企画院に移り、国家総動員法起案。逓信監察官を経て昭和16年東条英機内閣の下で情報局次長となり、言論統制と太平洋戦争初期の対米英思想・宣伝戦に活動、18年退官した。戦後公職追放されるが、解除後、東陽通商社長となり、日本実業会長、東洋自動車会長などを務めた。著書に「日本政治の革新」「変革期日本の政治経済」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

奥村 喜和男 (おくむら きわお)

生年月日:1900年1月4日
昭和時代の官僚。内閣情報局次長
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android