コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村易英 おくむら やすひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村易英 おくむら-やすひで

1571-1644* 織豊-江戸時代前期の武士。
元亀(げんき)2年生まれ。奥村永福(ながとみ)の次男。奥村栄明(はるあき)の弟。加賀金沢藩士。前田利家から光高まで4代の藩主につかえる。関ケ原の戦いでの大聖寺城攻めや大坂冬の陣で戦功をあげ,元和(げんな)2年家老,寛永8年年寄。金沢藩八家(はっか)のうちの奥村支家初代。寛永20年12月21日死去。73歳。初名は栄卿。通称は又十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥村易英の関連キーワード安土桃山時代(年表)ヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全和田惟政サンアグスチン教会バル水無瀬氏成ウルバヌス崇禎帝