コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村永福 おくむら ながとみ

1件 の用語解説(奥村永福の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村永福 おくむら-ながとみ

1541-1624 織豊-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)10年生まれ。加賀金沢藩士。前田利家・利長・利常3代の藩主につかえた。天正(てんしょう)12年能登(のと)(石川県)末森城をまもり佐々成政(さっさ-なりまさ)の軍勢を撃退。尾張(おわり)(愛知県)以来の前田家家臣で金沢藩八家(はっか)のうちの奥村宗家初代。寛永元年6月12日死去。84歳。初名は家福。通称は助十郎,助右衛門。号は快心。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥村永福の関連キーワードクルーエ(父子)コックス寛永高台院池坊専好平戸(市)ソテロ福島正則歌舞伎年代記佐渡金山

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone