コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村永福の妻 おくむら・ながとみのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

奥村永福の妻

生年:生没年不詳
戦国・安土桃山時代武家の女性。夫永福は前田利家の家臣。天正12(1584)年,越中(富山県)の佐々成政に居城末森城(石川県押水町)を包囲された際,力およばず永福が自殺しようとしたのに対し,自ら長刀を携え,男女数人を従えて昼夜城中を巡視,兵士を激励,慰労して,利家の援軍が到着するまで持ちこたえさせたと『太閤記』などに伝えられる。

(真下道子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone