激励(読み)げきれい

精選版 日本国語大辞典「激励」の解説

げき‐れい【激励】

〘名〙
① はげまし元気づけること。奮起させること。
※蕉堅藁(1403)雪心号説「忽聞老胡激、不覚徹骨寒来也」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉第一板序「先生の吾輩を勧勉激励し玉ひし精神に負(そむ)くまじと」 〔史記‐范雎
② 気を引き立てて、一心にはげむこと。〔新令字解(1868)〕
※新聞雑誌‐九号・明治四年(1871)八月「然れば退て平民に帰し日夜激励(ゲキレイ)して智識を磨き」 〔新唐書‐呉兢伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「激励」の解説

【激励】げきれい

励ます。〔史記、伝〕今、武安君に死し、(そむ)く。に良將無く、外に國多し。吾(われ)(ここ)を以て憂ふと。以て應侯()を激せんと欲す。

字通「激」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android