コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とちおとめ

デジタル大辞泉プラスの解説

とちおとめ

栃木県で生産されるイチゴ。粒は大きめで、色は鮮やかな赤。酸味が少なく甘みがあり、日もちがよい。1996年に品種登録。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

とちおとめ[果樹類]

関東地方、栃木県の地域ブランド。
栃木県の冬を代表する作物で、ほぼ全域で栽培されている。生産量は1968(昭和43)年から連続で日本一を記録している。とちおとめは、女峰に次ぐ品種として開発され、鮮やかな赤、大粒、バランスのよい食味で知られる。殆どがハウスで栽培され、11月から5月にかけて収穫・出荷される。栃木で栽培されている他の品種に、とちひめ・とちひとみなどもある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

とちおとめの関連キーワード宇都宮カクテルアイストマトミルクレモンイチゴと品種登録とちおとめ25スカイベリーとちおとめ牛贅沢倶楽部仙台いちご豊浦いちご関東地方

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とちおとめの関連情報