コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女道 ニョドウ

デジタル大辞泉の解説

にょ‐どう〔‐ダウ〕【女道】

遊女を相手に遊興すること。衆道に対していう。
「衆道、―を昼夜のわかちもなく」〈浮・五人女・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にょどう【女道】

(衆道しゆどうに対して)遊女と遊ぶこと。女道楽。 「衆道-を昼夜のわかちもなく/浮世草子・五人女 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女道の関連キーワード驟雨(吉行淳之介の小説)蝶花楼 馬楽(3代目)桂 文団治(3代目)楊貴妃(中国)喜味家たまご千葉 琴月傾城禁短気唐賽児の乱奥山 貞吉姫路(市)林田 五郎内海英華太真外伝浮世草子蔵の中長尾峠一つ口乙女峠女遊び魚玄機

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女道の関連情報