コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆道 シュウドウ

百科事典マイペディアの解説

衆道【しゅどう】

男色(なんしょく)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうどう【衆道】

しゅどう【衆道】

「若衆道わかしゆどう」の略。男色。若道にやくどう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の衆道の言及

【男色】より

…とくに戦国時代には,尚武の気風からことさらに女性をさげすみ,男色を賛美する傾向が強まった。その中から,男色における兄分(念者(ねんじや),念人(ねんにん))と弟分(少人(しようじん),若衆)との間の倫理的契約(義理,意気)を重んじた衆道(しゆどう),若道(にやくどう)の成立をみるにいたった。こうした男色流行は江戸時代の前期に受けつがれ,士,僧のほか一般庶民の間にもその風がひろまり,若衆歌舞伎の発展はこれを助長するとともに,男色を売る男娼――陰間(かげま)が出現するに及んだ。…

※「衆道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

衆道の関連キーワード手替わり・手代わり・手替り・手代りパブリックニューサンス衆道(しゅうどう)雲となり雨となる衆道(しゅどう)訳らし・分けらし細川の血達磨練り木・練木分かち・別ち平田三五郎傾城禁短気水木富之助桜姫東文章田夫物語訳知らず男色大鑑捨閉閣抛堀田正盛腕引き若衆方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衆道の関連情報