好打(読み)コウダ

デジタル大辞泉の解説

こう‐だ〔カウ‐〕【好打】

[名](スル)野球などで、好機にうまく打つこと。「好守好打の一塁手」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうだ【好打】

( 名 ) スル
(野球などで)うまくボールを打つこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐だ カウ‥【好打】

〘名〙 野球などで、好機に、安を打つこと。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉馬上に鞭振る吉岡将軍「河野の三塁ゴロ神吉逡巡高浜落逸して一鞭二塁に達し頻りに橋戸が好打(カウダ)を待つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

好打の関連情報