如何体(読み)イカテイ

デジタル大辞泉の解説

いか‐てい【如何体】

[名・形動ナリ]どのようなようす。どんなふう。
「―なる馬にか乗りたる」〈著聞集・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いか‐てい【如何体】

〘名〙 (形動) どんな様子。どんな体。いかよう。どのよう。
※史料編纂所本人天眼目抄(1471‐73)一「あなたからはいかていな、こなたからはいかていなと各商量したぞ」
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「いかていのもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android