コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏帽子折 エボシオリ

世界大百科事典 第2版の解説

えぼしおり【烏帽子折】

(1)幸若舞曲の曲名。作者,成立年次不詳。題名の初出は1551年(天文20)(《陰徳太平記》),上演記録の初出は63年(永禄6)(《言継卿記》)。鞍馬を出た牛若丸は金売吉次一行に加わって東国に下る途中,鏡宿で烏帽子を折らせるが,烏帽子折職人の妻が父義朝の郎等鎌田正清の妹であった。その夜,牛若はひとりで元服する。その後,青墓の宿に泊まるが,宿の長者は義朝の妾満寿で,牛若の吹いた笛のことから用明天皇の草刈笛の由来を語り,牛若を義朝をまつる光堂に案内する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏帽子折
えぼしおり

能の曲目。四番目物。観世、宝生(ほうしょう)、金剛、喜多四流現行曲。宮増(みやます)の作。金売り吉次(きちじ)(ワキ)一行を襲う熊坂長範ら群盗と戦う牛若丸(子方)を後段に、前段では牛若と源義朝(よしとも)の遺臣の烏帽子屋夫婦との出会いが描かれる。場面が22場に変化する劇的な能で、世阿弥(ぜあみ)の幽玄能の主張の一方に、こうした作品がつくられていたのである。間狂言(あいきょうげん)の盗賊の手下たちもユニークな役どころ。シテは前段では烏帽子屋の亭主となり、後段では大太刀(おおだち)を佩(は)いた熊坂に扮(ふん)する。前後の軸となって活躍する牛若も大役で、子方卒業の曲ともされている。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の烏帽子折の言及

【鎌田】より

…平治の乱に敗れた源義朝は重代の郎等鎌田正清の舅で,尾張国野間の内海の荘司長田忠致(おさだただむね)をたよるが,かえって正清とともに謀殺されるという事件に,義朝の子息朝長の自害,正清の妻子の死,渋谷金王丸(こんのうまる)の奮戦などを配した作品。《平治物語》に同材の部分があり,諸本の中にはこの作品に近い内容の零本も伝存するが,幸若舞曲や謡曲の《烏帽子折(えぼしおり)》などに鎌田の妹や遺子が登場し,各地に関連する伝説があるなど,伝承経路の複雑さを考えさせる。今日でも愛知県知多郡美浜町の野間大坊(大御堂寺)では,同材の物語が絵解きされている。…

【用明天王職人鑑】より

…5段。仏法を日本に流布させた聖徳太子の伝説を中心に,能の《道成寺》,幸若舞曲の《烏帽子折(えぼしおり)》などの趣向をとり入れている。敏達天皇の御世,同腹の皇弟山彦皇子は外道を信じ,仏法を信じる異腹の弟花人親王(のちの用明天皇)と法力比べの末に敗れた。…

※「烏帽子折」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

烏帽子折の関連キーワード切り組み・切組み・斬り組み・斬組み陽炎稲妻水の月烏帽子折り腰車・輿車全人・真人御内・御家虎口・小口下財・外在此れははやしてまた取っ付けやあやあ増田正造扱き入る目垂り顔さしますあわよい打ち物業五穀潰し殿始め

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

烏帽子折の関連情報