烏帽子折(読み)えぼしおり

精選版 日本国語大辞典 「烏帽子折」の意味・読み・例文・類語

えぼし‐おり ‥をり【烏帽子折】

[1] 〘名〙 (烏帽子上部を折り曲げて作るところから「折る」という) 烏帽子を作ること。また、その職人。
謡曲・烏帽子折(1480頃)「このあたりに烏帽子折りは候はぬか」
[2]
[一] 謡曲。四、五番目物。観世宝生金剛喜多流。宮増作か。古名「現在熊坂」か。奥州に下る途中牛若丸を扱ったもので、前場でその元服を、後場では盗賊熊坂長範を討ったことを描く。「熊坂」とは類似曲。
[二] 幸若舞。謡曲の「烏帽子折」「熊坂」と近似した内容。古浄瑠璃「牛王(ごおう)の姫」や、近松の「源氏烏帽子折」「用明天皇職人鑑」をはじめ、近世浄瑠璃歌舞伎に影響を与えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「烏帽子折」の意味・読み・例文・類語

えぼしおり【烏帽子折】[曲名]

謡曲。四番目物金春こんぱる以外の各流。宮増みやます作で、義経記などに取材牛若丸が鏡の里の烏帽子折の家で元服し、夜盗熊坂長範を退治する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「烏帽子折」の意味・わかりやすい解説

烏帽子折 (えぼしおり)

(1)幸若舞曲の曲名。作者,成立年次不詳。題名の初出は1551年(天文20)(《陰徳太平記》),上演記録の初出は63年(永禄6)(《言継卿記》)。鞍馬を出た牛若丸は金売吉次一行に加わって東国に下る途中,鏡宿で烏帽子を折らせるが,烏帽子折職人の妻が父義朝の郎等鎌田正清の妹であった。その夜,牛若はひとりで元服する。その後,青墓の宿に泊まるが,宿の長者は義朝の妾満寿で,牛若の吹いた笛のことから用明天皇の草刈笛の由来を語り,牛若を義朝をまつる光堂に案内する。牛若はそこでまどろみ,夢中に義朝,悪源太,朝長の3人が現れ,熊坂長範が率いる盗賊が吉次を襲うことを告げる。夢からさめた牛若はひとりで盗賊を討ち滅ぼす。草刈笛の由来はこの作品では劇中劇のように挿入されているが,内容は真野(まの)長者伝説である。同材の謡曲に《烏帽子折》《熊坂》《現在熊坂》があり,古浄瑠璃《牛王(ごおう)姫》,近松の《源氏烏帽子折》《用明天王職人鑑》などに素材を提供した。
執筆者:(2)能の曲名。四番目物。現在物。宮増(みやます)作。前ジテは烏帽子折。後ジテは熊坂長範。三条吉次(ワキ)という商人が都から奥州へ下る途中,少年(子方)に同行を頼まれる。少年は牛若で,近江の鏡宿に着いたときに,元服を思い立って烏帽子折を訪ねる。主人は源家にゆかりの男で,源氏の少年と知って快く求めに応じ,祝福をする(〈クセ〉)。その後一行が美濃の赤坂に宿泊した夜,盗賊の熊坂長範が大勢の手下を従えて押し寄せて来る。牛若はただ一人で相手をして追い散らし,首領の長範まで斬り伏せてしまう(〈斬リ組ミ・中ノリ地〉)。牛若を演ずる子方が大活躍する能で,斬られる側は宙返りや仏倒れなどきわどい動きを見せる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「烏帽子折」の意味・わかりやすい解説

烏帽子折
えぼしおり

能の曲目。四番目物。観世、宝生(ほうしょう)、金剛、喜多四流現行曲。宮増(みやます)の作。金売り吉次(きちじ)(ワキ)一行を襲う熊坂長範ら群盗と戦う牛若丸(子方)を後段に、前段では牛若と源義朝(よしとも)の遺臣の烏帽子屋夫婦との出会いが描かれる。場面が22場に変化する劇的な能で、世阿弥(ぜあみ)の幽玄能の主張の一方に、こうした作品がつくられていたのである。間狂言(あいきょうげん)の盗賊の手下たちもユニークな役どころ。シテは前段では烏帽子屋の亭主となり、後段では大太刀(おおだち)を佩(は)いた熊坂に扮(ふん)する。前後の軸となって活躍する牛若も大役で、子方卒業の曲ともされている。

[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の烏帽子折の言及

【鎌田】より

…平治の乱に敗れた源義朝は重代の郎等鎌田正清の舅で,尾張国野間の内海の荘司長田忠致(おさだただむね)をたよるが,かえって正清とともに謀殺されるという事件に,義朝の子息朝長の自害,正清の妻子の死,渋谷金王丸(こんのうまる)の奮戦などを配した作品。《平治物語》に同材の部分があり,諸本の中にはこの作品に近い内容の零本も伝存するが,幸若舞曲や謡曲の《烏帽子折(えぼしおり)》などに鎌田の妹や遺子が登場し,各地に関連する伝説があるなど,伝承経路の複雑さを考えさせる。今日でも愛知県知多郡美浜町の野間大坊(大御堂寺)では,同材の物語が絵解きされている。…

【用明天王職人鑑】より

…5段。仏法を日本に流布させた聖徳太子の伝説を中心に,能の《道成寺》,幸若舞曲の《烏帽子折(えぼしおり)》などの趣向をとり入れている。敏達天皇の御世,同腹の皇弟山彦皇子は外道を信じ,仏法を信じる異腹の弟花人親王(のちの用明天皇)と法力比べの末に敗れた。…

※「烏帽子折」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android